離婚しようか迷ってる!

離婚でお困りの方はまず離婚弁護士へ相談!

離婚とお金の問題

Post on 2016年12月1日

離婚とお金の問題においては、切っても切り離す事はできません。決して、きれいごとで済ませる事ができないお金の問題。では、実際、どのようなお金の問題が離婚には関わってくるのでしょうか。

まずは、慰謝料においてです。しかし、慰謝料の場合、離婚するからと言って、誰でも受け取る事は出来るお金ではありません。慰謝料の定義は、どちらか一方がもう一方に苦痛を与えた時のみ発生するものとなっています。その為、浮気やDVなど明確な苦痛がなければ、なかなか、慰謝料の請求を行う事は出来ません。また、それらに関しても、出来る事なら浮気の証拠や診断書などを準備しておく事も必要になってきます。

その他、離婚する際に関わってくるお金が財産分与です。この財産分与の場合、どんな夫婦の離婚でも、決して避けて通る事ができないお金の問題となっており、その額に違いがあるものの、必ず取り決めを行う必要があると言えると思います。

多くの場合、この財産分与に関しては、夫婦1/2と言う折半が基本です。専業主婦で収入がなかった場合でも、家事を行い、夫が外で働くサポートをしてきたという事で1/2の財産分与の権利は、十分あるといえるのです。その為、もし、夫に財産分与を拒まれた場合などは、弁護士などに相談し、きっちりもらえるものは、もらって離婚する事をお勧めします。