離婚しようか迷ってる!

離婚でお困りの方はまず離婚弁護士へ相談!

離婚問題に対して弁護士事務所へ相談依頼をしない危険性について

Post on 2016年7月28日

離婚問題が発生してしまった場合には、相手側と十分に話し合いで解決を図りたいものなのであります。しかしながら話し合いが不調に終わることも多く、深刻な事態に陥ってしまう事例が多いとされています。

そこで離婚に向けての裁判や調停ということになるのですが、法律に対する素人がこうした問題に向き合うことは大変骨の折れることとなってしまいます。場合によりましては精神的なダメージが大きいこととなってしまい、問題が長期化しますと体調を崩してしまうことも十分考えられるのであります。そこでおすすめの方法となるのは、こうした問題を専門的に扱っている弁護士事務所への相談ということになるのですが、逆にもし相談依頼をせずに解決を図ろうとしますと様々な困難が立ちはだかってくるのであります。

それは自分にとりまして非常に不利な条件で離婚問題が決着してしまうことであり、特に相手側が有能な弁護士を味方につけている場合には十分考えられることとなるのであります。もちろん離婚調停を申し立ててこちら側の主張をしっかりと調停委員へ申し伝えることができれば、極端に不利な条件となってしまうことはないと考えられるのです。しかしながら主張したい事柄をしっかりと調停委員へ伝えることは想像以上に難しいことであり、上手に伝えることが出来なかった場合には大変不利な条件が提示されてしまう可能性を有しているのです。